ちょっぴりどっきり

ジャニーズのアイドルと服と音楽がすきです

ここがスキだよNEVERLAND

頻繁に使うつもりもなかったここですが、なんやかんやで頻繁に使いそうです…

 

さて!

6/11にNEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND、最終公演を終えましたね。NEWSちゃん、ジュニアたち、スタッフさん、みなさん本当にお疲れ様でした!

 f:id:taberuwarau:20170616211514j:image

 

2ヶ月間ほんとに一瞬だったな〜。でもなんだかまだまだずっと続いていく気がしています。しげの「ネバーランドは入り口はあるけど出口はないから!」って言葉はあながち嘘ではないのかもなとか思ったりしています。

 

私はオーラスには入れなかったのですが、レポを見て普通に新幹線で泣きました。映像化楽しみです、見たらきっとまた泣きます。

 

ネタバレ禁止ということでツイッターではふせったーを使ったり下書きに書き溜めてたりしていたので、今日はNEVERLANDで好きだったところ、たまらんかったところ、気になってるところ、などなどを羅列していきたい所存でございます!!!頭の良くないオタクなので考察とかではなくてただの感想文です!!!!!!!

あ、わたしはいろいろ騒がれていた件などはまったくと言っていいほど見ていないので9割方すごく明るいアホみたいな内容になっております。

 

実は私、2016年のアルバムQUARTETTOが大好きで、来年のアルバムが怖いなと思ってたくらい大好きで。はじめてNEVERLANDを聞いたときは、ナレーションがすごい!物語みがすごい!ファンタジィ〜〜だな〜〜!という当たり前の感想を持って、収録曲的にはQUARTETTOの方が好きだなとかなんとか思っていたんですが。はじめです、はじめのはなし。そして別に比べるもんではない。

まあ~なんといっても、

 

コンサートがやはりすごかった。

 

ですよね~~~~世界観すごいもん。聞いただけでいろんな想像広がったしそれを確かめたくなったもん。 

 

・セットがすごい

凝ってる、ほんとにステージの端から端まで、あと天井まで。汽車の行き先部分の表示はもちろん、車輪部分にNEVERLANDの文字が一文字ずつ書かれていたり、ステージの側面にまで歯車がくっついてたり、モニターの横の壁のような部分までも照明になっていたり。ドームではフロートも汽車の形でかわいかったな。天井に浮いていた風船のようなアレも、外周のパレードに使われててなるほどー!だった。

 

多分気づいてないけどもっと仕掛けがいろいろあるんだろうな〜

 

ステージ上にあるNEVERLANDの文字配色に既視感あるなと思ってたらESPERANZAってことに途中で気づいて友達と爆笑してしまったんですが誰かわかりますか。

f:id:taberuwarau:20170616211031j:image

 

・セトリが神

あの〜〜〜〜〜〜〜〜、ほんとに 神かな?と思いました。はじめて入った福岡でバンビーナの♪デンデンデレレレデデデーデレレレ っていうあのイントロが流れて来たとき。

「オギャァ〜〜〜〜〜〜?!????!?」

という悲鳴をあげてしまいました。

ますださん、照れもせずにセリフ言うようになって…ねぇ…

和歌山でシゲがマイク持ってなかったの笑いましたかわいかったぜひドキュメントにいれてほしい。

 

あと、途中から参加してきたサマラバ…私なんでか知らんけどサマラバめちゃめちゃ好きで、でも明らかに過去のことを考えると(サマラバと同じくくりで大好きなQuntastic!やwhis・perなど)やるわけねぇよなぁ〜って思ってたんですね〜〜〜〜てか途中までいなかったからそんなまさか、まさかやるとは思わないですやん〜〜〜〜????ありがと〜〜!!!提案してくれた人ほんと〜〜にありがと〜〜〜〜!しかもめちゃくそかわいい振り付きって…これがいわゆる最高というやつですね…(仏顔)

 

いや、このままいくと全曲良いところの列挙となってしまう…ので特に好きだった曲の話を後にします。セトリマジでよかった。

 

・照明がすごい

これはめちゃめちゃ言いたい。照明すごかったですよね??!私は基本的にコンサート中は興奮状態で冷静に照明の色が〜とかなんとかは見ていられない人なんですが、とにかく気合が入ってた!!!!!(語彙力)ドーム映えがすごそうだなとアリーナのとき思っていたのですが、すごかった。きっと上から見たらもっときれいだったんだろうな。ドームの良い席って本当に何を重視するかによりますよねえ~~~…っていう関係ない話を挟みましたが、センターステージでスモークと光に照らし出された4人はもはや芸術作品のようで「すごい…」以外の語彙を失いました。

 

・衣装すごいよねウン知ってる〜!

デザイナー、マスダタカヒサによるコレクションが今年も発表されたぞ〜〜!という気持ち。毎度MCで褒めてもらいたいまっすー可愛かったです!!!!!

 

Brightest〜の袖たっぷりワッペンやらスタッズやらいっぱいスウェットにギラギラスカートが一番好きだなと思ったんですがなんといってもSilent Love〜の黒ピンクのアレですよねぇ。一瞬えびの衣装を思い出した。

 

ひとりひとりの観察はできなかったんですが、ますださんのはピンクのジレに背中は黒のレース。その下のジャケットのようなシャツのような、には袖口にNEVERLANDロゴがありました。パンツはライン入りのガウチョ的なシルエット。

下書きに「てごし でっかいリボン」って書いてて、胸元辺りにすごいでっかいリボンつけてた印象残ってたけどそののちそんなにでかくないリボンタイみたいなのしてることに気づいて、どんだけてごしがリボンしてることに興奮してたんだろう…とちょっと自分が心配になりました。

 

全員が身につけていたピンクが、LIVE!LIVE!LIVE!のときのさくらガール衣装のピンクと同じ色で、しかもこの衣装でさくらガールやるからエモくならずにはいられなかった。

 

ABO〜のモコモコジャケット?コート?は見た瞬間「エ!?薮ちゃん?!」となったのを覚えています。ピンクと緑のモコモコが目に入ってそれを連想するほかなかった…。ハギレ使われてたというツイートを見ましたが、もし使ってたとしたら薮ちゃんひかるくん有岡くんのモコモコファーだけかな〜。他は色味は同じだけど3人以外ファーは使ってなかったしな〜。

 

とにもかくにも他のグループというフィールドでつくったものをNEWSに持ち帰ってくれてなんだか嬉しい気持ちになりました。来年からパンフの袋とじで衣装解説ページつけませんか?

 

 

ではここからは、

 

厳選☆わたしが個人的にチョー好きだった曲

 

のコーナー!!!!!イェイ!!!

誰が興味あんねん!(cv.ヤナギブソン)というのは聞こえてません!

 

  • NEVERLAND

すごかった。ハイ。この曲で一気に世界観に引きずり込まれたような気がします。なんだなんだこのチュムみのある曲は~?なんて考えてた頃の自分を殴ってやりたい。

NEWSのライブはイントロの映像→ドーーン!!!!(登場)→キャーーーーーー!!!!!(いるーーー!!!)ではなく、ジュニアからじわじわ迫ってくる感じがヤバイ気がする。舞台が上昇していって、ザワザワ…ザワザワ…キャアアアアアーーーーー!!!ってなる感じ。ドーーン!!!!というのもすごくいいけど焦らされるのも格別…。

火は出るわ水は出るわなんかすげえ武器やらなんやら持ってるわで夢が詰まった一曲でしたね~~~~~~!曲自体にも迫力がすごくあるし、演出との相乗効果でやっと完成した、そんな印象を受けました。軍服みたいなマントとブーツと、細かいところは違えどお揃いっぽい衣装で高まりました♡

 

  • Brightest

アルバム聞いたときからドンピシャでした。てごしさんの「ベィベッ…(エコー)」がメチャイイよね〜。この曲は照明演出衣装すべてが好みでしんどくなりました。レーザーって広い会場でこそ映える照明だからだいすき。大阪でバクステ側のスタンドに入ったときレーザーに切り裂かれる~~!!!(?)と謎にテンションが上がりました。

上にいたのに下にいる〜!って演出もイイ!その前のソロダンスもかっこよかったな。

まっすーこの曲のときくっそノリノリで最高みがある。全身でリズムに乗ってそれが照明と相まって、んんんんちゃれえええええええええ~~~~~(昇天)って感じでした。語彙力はない。

「止められない」「もう止めたくもない」って歌詞をますださんに振り分けた人を称えたい。

 

  • Silent Love

きっと会場にいた全員が息をのんだのではないでしょうか。しなやかな動きと艶やかな歌声と暗い中映える鮮やかなピンクの衣装と…。完全に優勝~~~~~~~勝利宣言~~~~~~~!!!!!!

エロかったね。脱いだりしてないしエロいセリフもないけどエロかった。ありがとうございました。振り付け大好き。ああいうの待ってた。

ますださんのラップも生歌だと切羽詰まってるかんじでたまらん。かっこいいですよね~。

あと、ツイッターで何度も書いてしまったのですがこの曲のMADEの大河くんがま~~じでくそエロいんです。ロメオでも100万回思ったんですがサイラブで1876万回は思いました。大河くんのマルチアングルほしいほど。大河くんはエロの天才か…?(?)

 

 

 

U R not aloneとかいう神曲はね、もう言うまでもないというか。演出云々とかそんなの関係なくて、というか、実際あの曲のあの空間にはNEWSとわたしたちファンしかいなくて、NEWSの4人とファンの想いが作り出している空間でしかなかったから。

 

毎度歌い出しで泣きそうになっているまっすーをほほえましく見ていて、きっとドームでは泣くんだろうななんて予想をしていたらわたしの行った日には見事に泣いてて。そんなまっすーをサラッと支えたてごしと慶ちゃんと、笑いながら肩を抱いてくれたしげと。ああ、強いグループになったなって、心の底から思った。美恋のときのエネルギーに満ちているけどどこか脆い危うげな、そんな部分まったく無くなったなって。

 

今、このタイミングでNEWSがこの曲をもらって、一生懸命歌ってくれて、わたしたちもNEWSへ歌を通してなにか伝えられることができて、すごく良かったと思う。傍から見ればすこし奇妙な光景に映ることもあるのかもしれないけれど、これが今のNEWSとファンで。泣きそうな顔で歌うアイドルに、“一人じゃないよ”って必死に伝えようとしたわたしたちはずっと、NEWSが歌ってくれるその歌と言葉に支えられて生きていく。ファンがアイドルに何ができるのかなんてそんなのわからないけど、支えて支えられて、それでいいんだろうな。こうやってきっと目に見えてわたしたちの想いが伝わってるんだなって思えるときがくる。精一杯応援することがわたしたちのできることなんだろう。

 

 

……とかいう、ちょっと最後めっちゃ急にスイッチ入っておセンチな感じになってしまいましたが、

とにかくNEWSは最高で最強のアイドルだってことを改めて実感できるツアーだったと思います!!!NEVERLANDありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

また来年、笑顔で会えますように!NEWSとNEWSファンに幸あれ~~

 

 

 

自担にファンサをもらった日~制作開放席は神席だった~

 

語彙力が著しく無く、当たり前に文才も無く、みなさんのはてブロを眺めているだけだったわたしがちょっとどうしても記録しておきたくなったので、高校生ぶりくらいにブログというものに手を出しました。

 

NEWSの2017年ツアー、NEVERLAND和歌山公演に行ってきたときの話をします。

 

わたしはまっすーが好きです。あれよあれよとジャニオタ10年選手です。まっすーが好きそうな女の子になりたいとかそういうのよりまっすー自身に憧れが強すぎて、進路に悩んでいたときにまっすーになりたいと思って(?)泣いた経験のある意味の分からないキモいオタクです。

 

という前置きは今はどうでもよくって、

実は直前まではまさか和歌山公演に行けるとは思っていませんでした。

 

そう、制作開放席に当選したのです!!!!!

 

和歌山はキャパも小さいし比較的近い会場だったので(交通の便的に全然近くはなかった。21時に和歌山駅から電車乗ったら最寄りの駅に着いたのが0時回っていた。)、めちゃくちゃ行きたいと思ってたのですが、普通に2名義落選しました。

だけど、友達にメールが届き、行きたいけど元のキャパとか考えたら言うても当たらんでしょっていう気持ちでいたら、当選して結構パニック。

当日ももちろんチケットも手にしていないし、コンサートに行く気持ちを作れないまま電車に揺られて会場に着きました。

 

いろいろ確認を済ませてチケットを手にしたところで、“今からコンサートに行く”という実感が。もっとちゃんとした服着てくるべきだったなとかいう後悔は常にするけど昨日はいつもの数倍した。

 

f:id:taberuwarau:20170529220302j:image

 

いつもとは違うチケットを手に、ほとんど人がいない入り口から席に向かいました。席に着いたらそこはメインステージの真横でセットの裏側まで見えるようなところ。「制作開放席ってかんじ~!!」とテンションが上がり、ふと横を見ると、気づいてしまったのが、

 

いや、ここ絶対のぼってきますやん。ここのぼってトロッコのりますやん。

 

っていう階段があったこと。そして後ろをみればトロッコの通路がすごい近い。しかもトロッコの上には席がない。いや~~~~まじかと。始まるまでずっと「頑張ろう」「勝てる」「いける」という何に対してかもわからない言葉を連呼していました。

 

 

いや、何に対してかっていうのは、わかる。

ファンサがほしいと、ずっと思い続けてきたところがあったから。

 

ファンサ厨なのかと言われるとそうな気もするしそうでもない気もする。

コンサートに行くことが楽しいしNEWSなんかはとくに衣装だったり世界観だったり演出照明とその場にいるだけで幸せになれることは間違いないし実際にそう。

 

だけど、やっぱりずっと、“まっすーの視界に入りたい”と思ってきた。

 

結構、友達がファンサをもらうところを目撃したり同じように呼びかけてファンサをもらったりする機会は多かった。わたしまでハッピーになれるし当の本人は崩れ落ちてそれを支えて後々思い出してはその話を肴にお酒を飲むのが至極最高だったりもします。

 

というか、そういう機会が多かったからこそ、ファンサをもらったときの言葉にならない嬉しさとか高揚感とかそういうのを自担で味わいたいという気持ちがどんどん強くなっていたのかも。

 

ただ、わたし、めっちゃ自担運なくない???

 

 

そう、今まで、何度もコンサートに行く中で、ファンサをもらえるだろう、とか、タッチできるかも、と思える席も幾度かあったわけで。まっすーは、そんなにファンサを連発するというより席をのぞき込んでたり上のほうまで見上げて大きく手を振ってくれたり、(バーンしてとか投げチューとかに反応しているところをあまり見たことがない。でもたまになんだそれは?!という狙い撃ちのようなファンサをしてるのは見る。)っていうのはわかっているんですけれども。それを見てるのも好きなんですけれども。

 

びっくりするくらい背中を見てることが多い!!!!背中も大好物です、大きくてちょっと丸くて。かっこかわいいね。

 

 

それで、です。

勘違いだろうが何だろうがもうわたしは声を大にしていうけれど、

やっと、ついに、まっすーにファンサをもらった!!視界に入ったんだ!!!!!

 

いろんな装置があるので、会場の狭さとマッチ?して近くに感じる場面はすごく多かった!そして、階段付近のスタッフが動き始め、トロッコが運び込まれたときには、制作開放席にいたひとたちのボルテージは最高潮でした。

 

ていうかほんまに階段通る~わかってたけどすごい通ってる~~~~

小山さんとてごしさんがまず階段を通っていったのですが、人ってこんなにギュッてなれるんだなと驚くほどみんなギュッてなってました。そうやって手を伸ばすオタクたちの目を見ながら丁寧にタッチしていく2人、輝かしかった~。

 

トロッコがいったん通り過ぎてから、次のトロッコが来るのを、再び「頑張ろう」「いける」と鼓舞しながらしにそうになりながら待ちました。あの曲を踊りながら待ちました。

 

先発組を見ていて、トロッコが止まっている位置だけどやっぱり目線は真下で、目が合うような感覚がなくて。

 

これはアカンやつや。見たらわかるアカンやつや。と心の宮川大輔が叫んでましたが、いつでも全力投球がモットーのオタクなので(?)、シゲが階段を降りていくのにまたギュッとなってるオタクを横目に、(シゲも見たい気持ちはめっちゃあったヨ。降り口でお茶飲んでたのは見たヨ。)まっすーのトロッコが来るのを待ちました。

 

そこからあんまり記憶がないに等しいですが、わたしは名前うちわをまっすーの目線の位置に見やすいような角度で見せていた、らしい(友達談)。

確かになんか目線の行方をめっちゃ追ってた。

 

そしたら、ますださん、うちわに気づいてくれて

 

「おっ」

 

て顔した。

き、き、き、き、き、気づいた~~~~~?!!!!!

となったけどそれだけで終わらせたくなさすぎたのか、めっちゃ呼びました。「まっすー!」ってめっちゃ。ここらへんから自分の中の時間の感覚がなくなってる。

 

それから、

にこりと笑って手を振ってくれたのです。

めちゃめちゃめちゃめちゃ嬉しくて一生忘れたくないのにほんとうにそのときの笑顔がうまく思い出せないんだほんとうにつらいウウウゥ~~~~

 

手を振ってくれたあと、自分がどういう反応をしたのかが全く思いだせないのですが、うちわを両手で持っていたのか、片手で持っていて自分も手を振り返したのか…。

でも、リアルに立ってられなくなったのだけは覚えています。フニャッてなった、足が。

 

まっすーはしばらくトロッコに止まったままわたしたちの席をのぞき込んでくれていました。そのしばらくの間は何も言えずとにかく顔をガン見してました。お肌つるっつるで白い。てか、知ってたけど、めっっっっっっっっっっっっっっちゃかっこいい。知ってたけど!!!!!!!センター分けふわふわセット大好き。

 

そしてトロッコから降りていくときにもちらりとこちらを見てくれた気がして、これはマジで気がしただけのほんとうに気がしただけのやつ まためっちゃ呼んだことも思い出しました、今。

 

階段降りるとこもなんとか、とか思ってわたしもギュッとなりにいったけどスタッフさんに守られながらささっと降りて行かれました。

 

すごい明るいハッピーな曲ゾーンでもちろん曲が途切れることもないわけですが、その後、まじで思考が停止して、とりあえず友達と抱き合って、ちょっと泣きました。

「よかったやん!!!!!!」と言ってくれる友達がいてほんとうにこっちも良かったです。

 

 

そうなんです、一度抜けた全身の力のかわりに、そんな想いが充満してました。その、リア恋とかそういうのではまったくないのですが、まっすー大好きだ~~~~~って。

 

今思えば、〇〇してってうちわとかを見せたら良かったかなとか、好き!とかなんとかって叫べば良かったかなとか、立ち尽くして「ギャァアア?!!」しか言えなかったの、もったいなかったのかなと思ったりするけど…

 

なんかすごく安心したというか、ああ、こうやって日々憧れて応援してずっと好きな人の視界に入れて、笑ってくれて、手を振ってくれて、まっすーのこと好きでいてよかったんだ、と、はじめて肌で感じたというか。う~~~~ん、結局はうまく形容できないけれど。

 

勘違いだと、ファンサをもらわなければそうは思えないのか、と言われればそれまでなんですが、とにかくわたしはうれしかったのです。

 

今までこちらを向いてもらえることがなく、それを逆に「ぜって~まっすーに振り向いてもらうまでは死なない」というエネルギーに変えて生きてきたんですが、それがかなってしまったので、もう思い残すことはないはず…。だけど、実際さ、これからもずっとまっすーのこと応援したいしこの好きの気持ちを届けに行きたいなと、しみじみ思います。

 

もちろん、まっすーだけじゃなくって、立ち位置が多かった小山さんは最後の曲でずっとマイクをこちら側に向けてくれていたり、「みえる?」うちわを持っていたら「みえてるよ〜〜!」と大きく手を振ってくれたり、みんな制作開放席のことを気にかけてくれていて、あと、メインステージの曲は自分もパフォーマンスをする側にいるような一体感を感じることができるのがすごく良かった!全部ひっくるめて良い経験をしました。当ててくれた友達ありがとう~~~~

 

 

と、自分が今のこの気持ちとかリアルタイムな感じを忘れたくなくて、これを書きました。あとで恥ずかしくなることも分かっているけど書きました!!!

 

 

NEVERLANDもあと2箇所なの、寂しすぎる。

オーラスには行けないけれどドームには行ける!あと1回、噛みしめるぞ~~~

ひとまわりもふたまわりも大きくなったまっすーへの好きを伝えに!!!!!!!

 

f:id:taberuwarau:20170529220731j:image

 

※就活生です

※内定出ません

※頑張ります